EDの原因となる可能性のある癌治療

勃起不全の原因ともなる前立腺がんは、人口の高齢化と食の西洋化により増加しつつあります。
通常は50歳以上に多いとされ、対象数の0.013%に当たるそうです。
特に初期段階では、排尿に関連する症状がわかりにくく、がんと診断されないケースも多い様です。
進行すると、頻尿、排尿困難、血尿、貧血や腰痛などの症状が現れます。
EDになる原因としては、前立腺がん、膀胱がん、直腸がんなどに対する摘出手術で確認されます。
勃起を促す神経が破損したり、前立腺肥大症に対する経尿道的手術がそれに該当します。

仮に大腸癌と診断された場合の治療方法は、医療内容により複数あります。
内視鏡、腹腔鏡や外科、化学、放射線、免疫療法などです。
がん病巣を完全に切除する事が出来れば、根治の割合が高くなる為、初期であれば手術で即時切除を行う事が殆んどです。
しかし、進行し直腸から肛門に転移が見られると、人工肛門などを施す手術になる場合もある様です。
外科療法では、内視鏡手術が一般的で、初段階であれば切除し、短い期間の入院で済むと言われています。
癌の進行具合で切除方法は異なります。
化学療法だと、やはり抗がん剤が用いられます。
進行抑制や根治を目的としますが、手術後の再発防止を主体とした場合とでは、投薬の仕方は変わります。
放射線治療の場合ですと、大きく分けて2種類の目的に分かれます。
初期段階は、骨盤内からの再発を抑制したり、全体の補助的な役割とします。
進行度合いにより、切除が困難な場合は、痛みを緩和したり延命を兼ねた治療になります。
どの治療方法をとっても、発見段階によって大きく異なるので、早い時期に見つける事が、望ましいと言えるでしょう。

大腸癌の初期症は殆んど無症状と言われております。
早期に発見されれば100%近く完治が可能とされています。
よって一般的には自覚症状がないので、無症状の時期に発見する事が重要と考えられます。
下記の症状はある程度の進行があって解ります。
進行度合いにより異なりますが、事前に注意すべき点を確認して起きましょう。

・血便が出る。
・下血が見られる。
※鮮血が便器内に広がる様な状況
・便秘で排便が困難。
・便が細い。
・出しても便意が残る。
・慢性的な下痢がある。
・貧血ぎみ。
・微熱が続く。
・吐き気がある。
・膨満感がある。
・体重が減少する。
・腹痛がひどい。
・帯状疱疹(水疱瘡の様な赤い斑点)が出る。
・腫瘤触知(腸内容が粥状)が見られる。

これらの症状が現れても、痔と勘違いして受診が遅れる方も多いみたいです。
そのまま進行すると、腸の内側が癌で塞がれ腸閉塞を起こす場合もあります。
また、結腸と直腸では症状が異なりますので、精密な検査が必要である事は言うまでもありません。

ここで気になる話題がありましたので、確認しましょう。
京都大学がDclk1という、がん幹細胞をマーカーする特定遺伝子を発表したそうです。
成果は、京大の医学研究科消火器内化学の教授と講師、大学院生からなる研究チームによるものでした。
がん幹細胞は組織の大元であり、再発や転移などの原因として、考えられています。
過去から、根治するには排除が必要で、場所に目印となるマーカーをつける努力が行われ、様々な因子が候補に挙がっていました。
しかし、その殆どが大腸がんの幹細胞だけではなく、他の正常な組織との区別できなかったのです。
そこで研究チームは今回、消化マーカーの候補であるDclk1に着目し、遺伝子操作したマウスに使用し成功したという事でした。
さらに、その細胞から生じた子孫細胞を標識にし、親子関係を追跡するリニエージ解析を実施し腸腫瘍組織を劇的に縮小させる事が出来ました。
これにより、治療法を開発する上での諸問題を一気に解決する可能があり、ヒトに対して副作用の少ない新たな療法開発に向けた大きな進展と言える様です。

通常のED症状であれば、シラグラ 通販などで検索すると手軽に購入する事が可能です。

更新情報

2014/05/15
管理者情報の情報を更新しました。
2013/08/05
予防療法と治療薬の情報を更新しました。
2013/08/05
EDの原因となる可能性のある癌治療の情報を更新しました。
2013/08/01
サイトマップの情報を更新しました。
△PAGE TOP